MOSの試験会場について

subpage1

MOS(MicrosoftOfficeSpecialist)は、マイクロソフト社が認定するMicrosoftOfficeに関する国際資格です。



主に事務職を目指す方に人気の資格で、Word、Excel、PowerPoint、Accessなどのオフィスで使われるマイクロソフト社製品の利用スキルを証明する資格です。

バージョンごとに受けることが出来ますので、新しいバージョンが発表されたらその都度試験を受けて最新の知識を身につけることが出来ます。MOS試験は年間を通じて随時行われており、思い立ったら気軽に試験にチャレンジすることが出来ます。


MOSの試験会場は全国で開催されていますが、試験会場のタイプは主に全国一斉試験と随時試験の2種類です。

全国一斉試験はあらかじめ日程が決められており、全国約1、700か所の試験会場で実施されています。

また、随時試験はパソコンスクールなどの会場で随時試験が行われています。

#N/A#N/A#N/A

どちらも試験の難易度などは変わりませんが、都合のいい日程、試験会場に近い場所で選ぶ、もしくはいつも通っているパソコンスクールで受験したいという方は随時試験の方が良いでしょう。

受験するにはあらかじめ受験者IDを発行する必要があります。
もちろん試験当日でも発行できるのですが、当日慌てて登録するより、余裕を持った方が落ち着いて試験に臨めます。



なお、試験はペーパーテストではなく、パソコンで行うので、試験結果は試験終了直後に分かります。