MOS資格を取って就職活動を有利にしよう

subpage1

MOSは、マイクロソフト社が販売しているアプリケーションソフトのオフィス製品の利用スキルを証明するための資格です。



最近では、さまざまな業種において、オフィス製品を使用することが多くなってきています。

そして、会社が求める人材として、オフィス製品のワードやエクセルなどの基本的な操作ができるということが絶対条件となりつつあります。
自分ではワードやエクセルなどを十分に使いこなせているつもりでも、就職先にアピールできるものがありません。


そんな時に、MOS資格を持っていれば、パソコンスキルを客観的に証明することが可能になるのです。
MOS資格は、オフィス製品のワード、エクセル、パワーポイント、アクセス、アウトルックの5種類あります。


その中でも、実務でよく使用するワードやエクセルの資格を持っていれば、スキルのアピールには十分です。MOS資格は、世界的に行われている資格試験のため、世界共通の国際資格と言っても過言ではありません。

そのため、国内の企業のみならず、外資系の企業への就職でも有利になることは間違いありません。

#N/A

このMOS資格を取得するメリットは、就職に有利なだけでなく、実務での作業効率がアップすることがあります。



資格取得の勉強をすることによって、さまざまな機能を効果的に使いこなすスキルを身に付けることができるため、就職後の実務にも活用することができます。
学生の就職活動のみならず、社会人の転職時などにもアピールできる資格なので、取得を考えてみても良いのではないでしょうか。