MOSの基本的な情報

subpage1

MOSとはマイクロソフト・オフィス・スペシャリストの略で、マイクロソフトが認定するマイクロソフト・オフィスに関する国際資格です。ご存知の方も多いと思いますが、マイクロソフト・オフィスとは、マイクロソフトが販売しているオフィス業務に必要なアプリケーションのセットのことです。MOSの日本での運営と実施はオデッセイコミュニケーションズが行っています。
MOSの対象となるアプリケーションは、ワード、エクセル、パワーポイント、アクセスです。

試験には一般程度を意味するスペシャリストレベルと上級程度を意味するエキスパートレベルの2つのレベルがあります。


スペシャリストレベルは5つすべてのアプリケーションで用意されていますが、エキスパートレベルはワードとエクセルの2つだけにしか用意されていません。

また、マイクロソフトオフィスにはバージョンがありますが、現在試験の対象となっているのは2010、2013、2016の3つです。

エクセルの講座情報選びに特化したポータルサイトです。

MOSを取得することのメリットは、パソコンスキルを客観的に証明できること、世界的に通用する資格なので就職や転職に有利に働くことなどです。


取得を目指す過程でスキルアップできることも評価できるポイントです。
受験方法には、全国一斉試験と随時試験の2通りがあります。

申込方法は異なりますが、試験内容、受験料、合格認定証は全く同じです。

#N/A

多くの人が受験する全国一斉試験は月に1回か2回行われています。



申込み方法は郵送とインターネットの2種類があり、受験料の支払い方法は郵便振込、書店・大学生協支払、クレジットカード決済、銀行振込の4種類があります。


受験資格は特にありません。年齢・国籍にかかわらずだれでも受験できます。